漢方薬を処方してくれる病院

西洋医学がとても発達している現代ですが、女性の身体の微妙な不調や病はなかなか最先端の医療でも、改善することは難しいです。女性特有の体調の不良などは、年齢や体質、生活環境の変化やストレスなどにとても敏感なのです。病院に行って検査をして貰ってもどこも悪くないですと言われた経験のある女性たちはとても多いと思います。そのような時に、漢方薬を処方してくれる病院を知っていると、とても便利です。一般的に漢方薬を処方してくれるのは、漢方薬局ですがそこでは保険が適応されません。ですが、病院で処方してもらえれば保険適応になるので、経済的な負担も少なくて助かりますし、身体にも優しいのです。大人ニキビの治療に漢方を取り入れている皮膚科や、更年期障害の治療に処方をしてところも、今ではたくさんあります。インターネットなどでも、紹介されている場合もありますので、検索してみるといいです。漢方の場合には、今現在他の病気などで薬を服用していても、飲み合わせに問題がないものが割合に多いので、そういったところもとても安心して服用できます。女性の身体はとても繊細で敏感ですので、急激な変化よりはゆっくり、じっくり効いてくタイプの漢方がお勧めです。

漢方薬を病院で処方してもらう

よく風邪をひくというかたは多いとききます。何故すぐに風邪をひいてしまうのか、それは漢方医学からするととても簡単な理由らしいのですが、漢方薬を普通に処方してもらうととても高くなってしまいます。かといって普通に病院にいくと通常のおくすりが処方されてしまいます。体のことを考えると抵抗力や基礎体力を高めて自己治癒力で治してしまおうという漢方はとてもいいのですが、まだそこまで説教的に漢方をとりいれているお医者さんは少ないそうです。なので、どうすれば安く漢方薬を処方してもらうか、つまり病院で処方してもらうか、という課題がでてきます。患者側からおくすりのリクエストをするのはなんだか図々しいし、気が引ける、生意気だと思われるのではないか、と不安でいいだせない方もいるかもしれませんが、医者は実はそこまで気にしていないそうです。患者が自分の体質に合う薬をしっているのはある意味当たり前なので、お医者さんにお願いしてもなにも問題はないそうです。ただやはり頼み方というのはあるかもしれません。一度試してみたいとか、予備的に欲しいという理由でも柔軟性のあるお医者さんなら処方箋をかいてくれるので、勇気をだしていってみるといいと思います。